ネットワーク分電盤 Network Power Panelbord

WEB上で分電盤の状態を確認。トリップ再投入が可能です。

■ブレーカートリップ時に、遠隔から再投入を試みる事が可能です。

分電盤に実装されているブレーカーがトリップした際に、遠隔地からネットワークを通じ再投入することが可能な分電盤です。 通常分電盤とは異なり、「表示、制御ユニット」「主ブレーカーユニット」「負荷ブレーカーユニット」から構成され、19インチラックに取り付け可能です。

特 長

  1. 1.分電盤の入力電圧・電流を測定しWeb 上で確認できます。
  2. 2.ブレーカーがトリップした際には、負荷電流にて投入確認が行えます。
  3. 3.トリップ時以外は、操作をする事が不可能です。
  4. 4.EIA 規格(19 インチ)ラックへ実装可能です。
  5. 5.主ブレーカ数、負荷ブレーカ数の増減が可能です。
    主ブレーカユニット : 最大4台、負荷ブレーカユニット56 回路(最大60 回路)まで監視可能です。

表示・制御ユニット

  • 1.電流計、電圧計、受電装置、ALM 表示部を実装した入力盤です。
  • 2.主ブレーカーユニットの「ON、OFF 制御」「トリップALM 監視」及び、「電圧、電流、電力、電力量」の確認が可能。
  • 3.負荷ブレーカーユニットの「トリップALM 監視」と、「電流」の確認が可能。
  • 4.主ブレーカー最大4台。負荷ブレーカー最大56台。合計60台のブレーカーを監視することが可能。
機能一覧 主ブレーカー 負荷ブレーカー
ON、OFF 制御(トリップ時のみ有効)
トリップALM 監視
電圧(WEB 及びIP より監視)
電流(WEB 及びIP より監視)※1
電力(WEB 及びIP より監視)※2
電力量(WEB 及びIP より監視)※3

※1:負荷電流値 ※2、※3:主ブレーカーユニットの電圧値を使用

主ブレーカーユニット

  1. 1.通常の分電盤の主幹ブレーカーに相当します。
  2. 2.直接負荷を接続可能。
  3. 3.負荷ブレーカーユニットに接続可能。
  4. 4.遠隔(Web)及びタッチパネルからの「ON、OFF 制御」「トリップALM 監視」、「電圧、電流、電力、電力量」の確認が可能。
    ※「ON、OFF 制御」は、ブレーカーのトリップ時のみ有効。
    ・最大4台までブレーカーの監視、制御が可能です。
    ・ブレーカーの最大容量は、100AF です。

負荷ブレーカーユニット

  1. 1.主幹ブレーカーからの分配用ブレーカーユニットとなります。
  2. 2.8回路、16回路と、ブレーカ数量を選択できます。
  3. 3.遠隔(Web)及びタッチパネルからの「トリップALM 監視」と、「電流、電力、電力量」の確認が可能。
    ※電力及び電力量は、主ブレーカーユニットの電圧値にて演算します。

  • ・負荷ブレーカーの監視最大数は56台です。
  • ・最大容量は、30AF です。

pagetop