侵入警戒装置 Intrusion Warning Device

レーザーセンサーと自動追尾カメラでネットワーク監視

さまざまな施設において侵入警戒装置を設置することにより、不審者等による侵入を未然に防ぐことが出来ます。 また、不審者に対して音声による警告、照明による威嚇等も可能です。

侵入警戒装置のイメージ

特 長

■レーザーセンサーにより、およそ180°の範囲で半径30mまで監視する事が可能です。
■ネットワークカメラにより監視敷地の状況を確認し、音声による警告・照明による威嚇が可能です。
■センサーとカメラが連動し、侵入者に対してカメラが自動追尾することで、常時監視を行えます。
■現地の作業者に対して監視者が遠隔にて映像を確認し、業務支援を行うことも出来ます。

レーザーセンサーの機能

■防犯カメラ自動追尾
侵入者をカメラで追尾することにより、侵入者を的確に捉えます。1台で広範囲をカバーするため設置コストを低減します。

■面警戒による自動威嚇・警報機能
赤外線センサーの通過時検知に対して、レーザーセンサーは面警戒(半径30m、180°)での検知機能により、警戒地区を広範囲に設定することが出来ます。

■フィルタリング機能
警報発報時間を設定することで、落ち葉・小動物等による誤った警報発報を事前に防げます。

■モバイル端末による遠隔監視・操作
スマートフォンやタブレットなど、持ち歩きが出来る携帯端末より、いつでもどこでも監視・操作が可能です。

システム構成例

侵入警戒装置構成例図

仕 様

項 目 仕 様
電源 DC24V +10%/-15%
消費電力 17W 以下
通信インターフェース RJ-45、10BASE-T 100BASE-TX 準拠
アラーム出力 入力2点/出力5点(無電圧出力)
測定距離 半径30m 角度180度
動作環境 温度:-20℃~60℃
湿度:30~90% RH
防塵・防水性能 IP65
質量 約1.4kg

pagetop